トップページ

お薬ワンクリック検索!!
お薬名や症状を入力して「検索」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 


当サイトはスマホやパソコンから必要なお薬のお取り寄せができる、医薬品の総合案内サイトです。すぐに必要なお薬から常備薬まで、多くのお薬をご案内しております。


ジェネリック医薬品とは何でしょうか?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)と言うのは、新薬(先発医薬品)の特許の期間が終了した後、他の製薬会社が法律上の承認を得た上で『同等の成分』で製造、販売する薬のことです。
たとえば「ロキソニン」と言う有名な解熱鎮痛剤は、第一三共が先発医薬品として開発したものです。特許期間の20年間は第一三共が独占の権利を持っていました。しかしその期間が過ぎた後には成分や製法を開示する義務が発生するため、それにより「ロキソプロフェン」や「ロブ」と言ったジェネリック医薬品が、他の各製薬会社から販売されるようになっています。

ひとつの先発医薬品に対して、いくつものジェネリック医薬品が販売されています。
人によって、先発医薬品のブランド価値の観点から、そちらの方がよく効くと感じられる方がいるようですが、基本的に同じ成分で同じ製法が用いられ作られているので、効き目の差はありません。

ジェネリック医薬品のメリット

新薬(先発医薬品)の開発には、莫大な費用がかかっており、その開発費を回収し利益を出すためには、成分、製法の特許を取得した上で割高な価格で販売する必要があります。
対してジェネリック医薬品は、既に完成している先発医薬品の成分、製法を用いて同等の医薬品を製造また販売できるため、開発費などは一切かかりません。ですから、各製薬会社では、先発医薬品に比べ安価で販売することが可能なのです。
「ジェネリック」とは「一般的な」と言う意味ですが、まさに一般の患者様の経済的負担を軽減できる医薬品と言えるでしょう。

参考までに解熱鎮痛剤として有名な先発医薬品「ロキソニン」と、ジェネリック医薬品の「ロブ」を比較してみると、同じ60mgの成分でジェネリックの方が価格は3分の1以下になっています。

また、調剤薬局などで医薬品を処方してもらう際には、薬の代金の他に「調剤料」が加算されれますが、当サイトがご紹介している個人輸入代行サイトでは、こうした手数料は一切掛かりません。
そういった面からも、先発医薬品・ジェネリック医薬品、どちらでも大変お得にご購入いただけます。

確かな効き目と安全性

ジェネリック医薬品を製造または販売するためには、必ず国ごとの法律に沿い承認を得る必要があります。
日本で言えば、厚生労働省が定めた厳格な審査のもとで、開発段階から、効き目・安全性に関して様々な試験に合格し、先発医薬品と比較して遜色ない製品だと言う事を証明する必要があります。
さらに、薬事法によりジェネリック医薬品は品質基準が設けられていて、先発医薬品と同じように安全を保障されたものになっています。

ジェネリック医薬品の普及率

日本においてジェネリック医薬品の普及率はとても低く、諸外国と比べるとその差は歴然です。

ドイツ    ・・・  65%
イギリス   ・・・  70%
アメリカ   ・・・  75%
日本     ・・・  25%

多くの一般の患者さんが、医師や調剤薬局の窓口でジェネリック医薬品の使用を申し出るのをためらっている状況です。
こうした現状を踏まえ、2018年3月末までに厚生労働省では、普及率を数量ベースで60%まで引き上げると発表しました。しかし2013年3月末の時点では残念ながら25%というのが現実です。
医療費負担を抑えるという観点からも、ジェネリック医薬品を選択するのはとても有益です。
ぜひ個人輸入代行サイトをご利用になり、お取り寄せされることをおすすめいたします。

インドにおける医薬品特許事情

医薬品の特許は、上記でご説明したように使用成分と製造方法の両方に特許が適応されます。
しかしインドでは、成分の特許が適応されないので、違った製法で同じような製品を作る技術があるのであれば、特許期間が残っている製品であっても製造ができます。
この事から、インドで作られた医薬品には不安を感じられる方もいるかと思いますが、開発元の製造方法と違った製法であっても成分は同じであるため品質に差はなく、実際多くのジェネリック医薬品がインドで製造されています。
さらに、インドの医薬品販売の1位の売り上げを誇っている「ランバクシー社」は、日本の製薬会社「第一三共」が子会社として買収したため、品質管理等安全性も高くなっています。

※インド政府が2005年4月に改正特許法を施行し、それまで認められていなかった成分(物質)に対する特許がインドでも適用されるようになりました。
それから現在に至るまで新たに開発された医薬品は、成分、製法の両方の特許が全世界において20年間守られるようになりました。