クラビット通販

お薬ワンクリック検索!!
お薬名や症状を入力して「検索」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

クラビットジェネリック(LQUIN)250mg

性感染症のクラミジア(細菌:クラミジアトラコマティス)やアクネ菌が原因のニキビなど、幅広い感染症に有効な成分である、レボフロキサシン250mgを配合した、ジェネリック医薬品です。

クラビットジェネリック(LQUIN)250mg

最安値を販売ページでチェック
「クラビット」お薬一覧はこちら


クラビットジェネリック(LQUIN)500mg

クラビットジェネリック(LQUIN)500mg

最安値を販売ページでチェック
「クラビット」お薬一覧はこちら


クラビットジェネリック(LQUIN)750mg

クラビットジェネリック(LQUIN)250mg

最安値を販売ページでチェック
「クラビット」お薬一覧はこちら


クラビットジェネリック(レボクイン)250mg10錠

クラミジア、淋病、尿道炎、ニキビ、副鼻腔炎の治療薬クラビットの安価なジェネリック薬!

クラビットジェネリック(レボクイン) 250mg

最安値を販売ページでチェック
「クラビット」お薬一覧はこちら


クラビットジェネリック(レボクイン)500mg100錠

クラビットジェネリック500mg

最安値を販売ページでチェック
「クラビット」お薬一覧はこちら


クラビッドとは

クラビットはニューキノロン系に分類される抗生物質のひとつです。細菌が感染を起こした際にDNAの複製を阻害し、殺菌作用を発揮することで感染拡大を防ぐことができます。おもに皮膚感染症や呼吸器・泌尿器の感染症、婦人科の感染症の改善が期待できますが、ほかにも耳鼻科や眼科、歯科における感染症の治療にも使用されています。

用法・用量について

薬剤は必ず正しい用法・用量を守って服用していく必要があります。クラビットの場合は一日500mgを一錠服用するのが原則です。ただし、感染症の種類によって多少の増減が出てくるので注意しましょう。注意点は一日一回の服用なのであまり間隔をつめすぎて飲まないようにすること。前日の夜に服用した後翌日の朝すぐに服用するといった環境だと問題を引き起こす可能性もあります。もしいつもの時間に飲み忘れ、次の時間との間隔が詰まりすぎてしまう場合には無理して服用せずに一回分を飛ばしましょう。

副作用や服用上の注意点

代表的な副作用としては発疹、めまい、頭痛、吐き気、下痢、腹部の不快感、不眠症状などが挙げられます。また体との相性や健康状態によってはアナフィラキシー様症状や中毒性表皮壊死症、痙攣、急性腎不全といった重大な副作用へと進展している恐れもあるため、少しでも気になる症状が見られた場合にはすぐに服用を中止しましょう。

こうした注意点さえ踏まえたうえで服用すれば広く感染症の改善に役立てることができます。とくに病院へ行くのがためらわれる皮膚感染症の改善が期待できるでしょう。