(競艇・悪夢)茅原悠紀 優勝目前の悪夢 最悪の優勝戦

茅原悠紀 優勝目前の悪夢 最悪の優勝戦
不運としか言いようがありませんが気を取り直してください

補足
レース後

繰り上がる形で優勝した川崎選手は「タイムトライアルしたんだろうけど、もったいないよ」と
後輩を思いやり複雑な表情。
ゴールまで何が起こるか分からないレースの怖さをそれぞれがかみしめていた。

リプレーを見て他の選手とレース内容を検証した茅原は「これはいかん。本当にいかん」と頭を抱えてその場に座り込んだ。エースとして、岡山支部ナンバー1のスピードでシリーズをリードした茅原は本紙の直撃に「僕がお客さんの立場ならふざけるなと思う。本当に申し訳なかった」と言葉を振り絞り取材に対応。「1周1Mのターンを失敗して、2Mを回った後に気圧が下がって調整が合っていないと感じた。タイムを出すことは無理だと判断し、2周1Mは大事に回った。2Mも慎重に回ったが、掛かってからバーンと跳ねた。僕にはどうしようもなかった。本当に申し訳ない」と言葉をかみしめた。との事の様でした。

引用先 yahoo
https://news.yahoo.co.jp/articles/7fee32d5eef50030781a7b2d8c460f3f6db0f6fd