HOME > スタッフ > Dr. > Dr.Sakaguchi

坂口 信貴


くるめ生活精神精神科医療研究所長
医療福祉統括部長
精神科救急病棟医長


精神科医、病院精神医学、精神保健指定医、精神分析医

 

略歴
昭和17年(1942):飯塚市に生まれる。
昭和42年(1967):九州大学医学部卒業
  同  年    :同医学部精神神経医学教室入局
昭和48年(1973):福岡大学病院 講師
昭和56年(1980):医学博士号取得
昭和57年(1981):北九州市立デイケアセンター所長
昭和58年(1982)~平成 5年(1983):日本精神分析学会運営委員
                     (教育研修委員会委員など)
昭和59年(1983)~現在:日本集団精神療法学会理事
昭和60年(1984)~現在:九州集団療法研究会会長
昭和63年(1988)~平成14年(2002):北九州市保健福祉局医務監
平成 3年(1991)~現在:国際精神分析協会準会員
平成11年(1999)~現在:日本集団精神療法学会スーパーバイザー
平成11年(1999)4月、10月:北九州市総合保健福祉センター長(兼任)
平成14年(2002)4月~:北九州市総合療育センター所長
平成14年(2002)8月~:医療法人コミュノテ風と虹 のぞえ総合心療病院
               医療・福祉統括部長
               くるめ生活精神科医療研究所長

役職
    • 日本集団精神療法学会認定集団精神療法医
      「精神病治療を語る会」代表世話人    
      日本精神分析学会認定スーパーバイザー
      九州精神神経学会評議員
      日本精神神経学会精神科専門医

プロフィール

 医学部を卒業後、西園昌久先生に精神分析治療と薬物療法を教わり、わたくしの臨床は個人療法から出発した。 福岡大学に医学部が開設されたのを契機に同大学精神科の講師となった。そこで、外来、病棟、デイケアなどの責任者をつとめ、集団の持つ影響力を体験し、集団療法の必要性を認識した。

 さらに、北九州市立デイケアセンター初代所長となり、患者さんの家族、生活の場、職場、地域などとつのつながりを無視しては、利用者の生活の質を高めることができないことを学んだ。その後、北九州市の行政で医務監をつとめ、行政の立場から福祉施策にかかわり、地域を対象にした精神保健福祉を実践した。こうした経験をもとに、患者-家族-地域という生活の場を大切にした精神保健福祉活動が広く民間で実践されるべきであると思うようになった。そうした折、のぞえ総合心療病院がわたくしのこうした考えに賛同され、生活精神科医療研究所を設立された。この研究所を拠点に医療と福祉と地域を統合し、「生活あっての治療」を実践し、その理念を広めているところである。