HOME > メッセージ > 院長挨拶

堀川 公平

院長挨拶

力動的チーム医療

すべての成果は当法人を支える多職種による治療共同体に基づく力動的チーム医療によりもたらされたものです。つまり、当院の種々の疾患・課題別の治療集団だけで なく、病棟、デイケア、外来、病院、さらには社会復帰施設も含め、医療法人全体を一つ のシステムと理解し、個人や集団力動、さらには精神発達論、システム論を駆使することで初めてなし得るものと思います。そして今や、その枠は地域社会にまで取り込まんとしています。まさに、我が国における精神科医療の方向性、可能性を示唆するものと自負しています。
 

精神科医療部門

    • i) 入院部門、
    • ii) 外来部門、
    • iii) 精神科救急医療
    • iv) 医療観察法関連、
    • v) 疾患・課題別専門グル ープ
    • vi) 薬物療法
    • の以上6つに分け、治療に当たっています。
    •  

社会復帰部門

    • i) 活動支援センター、
    • ii) 住居プログラム部門、
    • iii) 就労支援部門、
    • iv) 当法人の多職種による力動的チーム医療を支えるスタッフ
    •  

臨床研修-研究部門

  •  スタッフの多くは新人であり、職場での教育、研修がさらに重要となっています。これに寄与しているのが横糸の疾患・課題別専門治療・研究・研修グループや毎朝の全体診療会議であり、縦糸の患者スタッフミーティングや、新人スタッフミーティング、さらにはスーパー ヴィジョンシステムです。つまり、当院の新人スタッフは、入院した患者が受けるミーティングとほぼ同じような ミーティングを同時並行して受けることで、患者が回復していくようにスタッフも成長しているのです。