HOME | 病院部門 | 入院生活

入院生活をより治療的にする為に 

  • 治療共同体とは

  •  ここでは、のぞえ総合心療病院での治療の基本的な仕組みを説明します。病院といってもここは内科など一般の病院とは大きく異なっています。主治医による診察を受けたり、薬を飲むことが治療の中心になるという点では、他の病院とあまり変わりません。しかし、同時にここでは治療の最初から多くのミーティング(集い、話し合い)に参加するという体験をします。
     このように、私たちが多くのミーティングを用意しているのは、そこに「治療共同体」という基本的な考え方があるからなのです。
     皆さんは「心」の問題で入院しています。
     しかし、心の全てが病んでいるわけではありません。心の病んだ部分には「癒し」が必要です。そのためにも、休息、睡眠、栄養を十分にとり、処方された薬を服用し、安心できる環境の中でリフレッシュする必要があります。しかし、同時に皆さんは、ここの共同(コミュニティー)の一員として心の健康な部分によって、他の患者さんを助けるという体験もできるのです。この共同体の中で役割を果たし、責任の一端を担うこともできるのです。
     つまり、生活の中で他の患者さんの世話をすることができるばかりか、ミーティングの中で相手が気がつかないでいることを気付かせたり、漠然としていた気持ちを整理するなど他の人の治療に協力することもできるのです。そうすることで今まで気づかなかった自分自身を発見することもあれば、豊かな気持ちになることもあります。
     このように自分自身の心を開き、他の患者さんたちと共に分かち合うことが、のぞえ総合心療病院における治療の基本になるのです。ですから、私たちが安心して心を開く環境を整えるためにも、ミーティングの中で話された個人的な内容はそれ以外の場所で話してはいけません。また、患者さんが誰であるかわかるような情報など、他の患者さんのプライバシーに関することも病院の外に漏らさないでください。つまり、お互いのプライバシーを守ることが大切です。
     このことは、家族や友人にも話して、しっかり協力してもらうようにしましょう。
     多くのミーティングや診察や面接で語られた治療上必要な情報は、スタッフ間で共有し、治療に積極的に還元していきます。むろん、この中で語られた情報に関しては、スタッフも守秘義務を遵守します。
     この他にも病院には皆さんの治療や生活を円滑にするための様々な取り決めや規則があります。
     特に、『責任レベル』と呼んでいる行動範囲やその条件を定めた取り決めには、早く慣れるようにしましょう。
     ちょっとしたエチケットから、もっと大きな社会規範までも含めて、私たちはこうした基本的なルールが、皆さんの行動や感情や考えを変えるのに大きな力を持っていると考えています。というのも、社会のルールを守るということは、他のメンバーへの配慮、思いやりの気持ち、また相手の立場に立ったものの見方をすることなどを前提にしているからです。
     こうして入院している患者さんが皆で協力し、お互い心を開きながら誠意を持ってそれぞれの問題を解決しようと努力し合っていると確信できることが大切です。そうした確信は、まさに皆さんの主体的な参加によってしか得られません。しかも、皆さんの参加によって、この共同体はさらに発展しながら次に入院してくる患者さんにもよい影響を及ぼし、受け継がれていきます。したがって、今、ここで患者さん同士が支え合うという経験は皆さんの自信につながるばかりか、同じように苦しんでこれから入院してくる患者さんの治療にも役立つことになるわけです。
     このように、患者さんそれぞれの治療を目的とした共同体でありますが、お互いが心を開きながら新たに共同体ができていくそのプロセスもまた治療的なのです。そのような考え方によってできあがっている治療の場こそ、つまり、ここ“のぞえ総合心療病院”の「治療共同体」なのです。
     また、このような治療共同体を支える手段として、のぞえ心総合療病院の治療スタッフはチーム医療を実践しています。
     つまり、精神科医、看護スタッフ、臨床心理士、精神科ソーシャルワーカー、作業療法士、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士からなる治療チームは、精神科専門医をリーダーとして治療に当たり、治療共同体を支えています。患者さんの根本的な問題に関する重要な決定や結論、つまり、あなたに適した治療法の選択や種々の決定などは全てチームによってなされます。しかし、それは民主的過程で下されるという訳ではなく、それぞれの専門的な視点が重視されます。また、病状が安定するのに伴って、日頃の治療に取り組む姿勢や周囲に与えるよい影響などが、外出、外泊、それに退院についての決定を下す際に高く評価されることでしょう。
     スタッフは、皆さんがここの治療共同体の仕組みを理解し、自らの治療に専念し、一日も早く健康を取り戻されることを願っています。
     そしてまた、治療共同体の一員として、少しでも他のメンバーによい影響を与えてくださることを期待してやみません。